全ての歯を失った方のインプラント治療(上顎)

新着情報

以前より上の歯は長い間、入れ歯で過ごしておられました。

何でも不自由無く食べておられましたが、よく咬む事を心がけておられる事もあり、入れ歯の人工の歯の摩耗がとても早く、また、右上に残っていた奥歯も徐々にぐらつきが大きくなってきた事もあり、今回はインプラント治療を希望されました。

このレントゲン写真は治療終了後のレントゲン写真です。多くの歯が無くても、闇雲に多い本数を入れなくても大丈夫です。この方は即時過重といって、インプラントを入れたその日に入れ歯とは決別し、インプラントに支えられた取り外す必要の無い歯を入れました。(即時過重でも骨の質を見極めれば、必ずしもたくさんの本数のインプラントは必要有りません。)

 

取り外しは必要ありません。

上の歯12本を7本のインプラントで支え、取り外す必要の無い歯が入りました。

入れ歯を外すと口元がへこみ、老けて見えるのですが、取り外しのない歯が入った事で、入れ歯の時よりも硬いものが食べれるだけではなく、口元の若々しさも取り戻す事ができました。

これからも継続的な管理が必須ですが、満足して頂けました。

 

南部歯科医院

院長 南部洋郎

(公社)日本口腔インプラント学会 専門医

075-202-4028

無料駐車場5台有り。地下鉄烏丸線「北山」駅下車東へ徒歩5分

新着情報