長くなってしまった歯を綺麗に改善

歯周病治療

前歯のブリッジをする時、歯の無い部分の歯肉や骨の状態が審美性に影響を与える事があります。

長い歯は他院で入れたばかりのセラミックでした。

この写真の患者さんは、以前に通っておられた歯科医院で、セラミックの被せ物を入れてもらったのですが、あまりにも長い歯にびっくりされ、どうにかならないかと当院に初診来院されました。

「歯を残す」、「歯を抜かない」という方針は、正しい診査、診断をした上での話であり、悪い歯を何も考えずに残すと大きなダメージとなって患者さんに降り掛かります。

この患者さんも、さすがにこの歯を抜かないのはどうなんだろう?と思い、不安になった様です。

セラミックブリッジで綺麗になりました。

この写真は同じ患者さんの当院での治療後の状態です。

歯周病で、周りの骨や歯茎も大幅にやせていた歯を無理矢理残した事が、先ほどの長い歯となった原因でした。つまり、ほとんど根の先まで露出していた歯でした。

きちんと診査、診断をしてみると、奥歯が揺れていたりして、きちんとかみ合わせを支えることができていませんでした。つまり、奥歯が原因で前歯がダメになっていたのです。

患者さんにも説明させて頂き、先ほどの長い歯は抜歯をし、失った歯肉と骨を再建して奥歯の治療をした後にセラミックブリッジを入れました。

もっと前に奥歯を治療していれば、前歯を失わずに済んだかもしれませんし、抜かなければいけない歯を適切な時期に抜歯していれば、骨や歯茎まで再建する必要は無かったかもしれません。

「抜歯」を患者さんに説明するのは気が重いですが、歯の機能や審美性は周囲の歯肉や骨が健全であればこそ保たれるのです。悪い歯を抜歯しなければ、歯は残っても、周囲の組織は確実に失うのです。

また、こういった処置はどの医院でもできる処置ではないため、抜歯してもこの患者さんの様にはなっていなかったかもしれません。

幸い、当院に来られたこの患者さんはとても満足していらっしゃいました。

南部歯科医院

075-202-4028

 

歯周病治療