治療カウンセリングについて〜長持ちする治療の為に〜

一般歯科・予防歯科

当院では治療にいらした患者さんに対し、症状のあるところだけでなく、口腔内の写真(患者さんの同意が得られる場合のみ。鏡で見るよりも視覚的にご自身の状態を理解しやすくする為、お口の中の写真を撮影いたします。)や歯周病の検査結果など、集めた資料と共にお口の中全体の状況を診て治療の計画を立てています。もちろん、同意の得られない部分に関しての治療はできませんが、せっかく治療にいらしてる訳ですから、今後どういった事が起こりうるかをできるだけ予測し、伝える様にしております。なぜなら、この予測は患者さんにとっては経験してみないと自覚できない事であり、いろんな患者さんを診ている医療従事者しかわからない事だからです。

その上で、治療計画についてお話する訳ですが、ご希望によって、特にお口の中全体をさわる場合や自費の治療を計画に含める場合は、治療の選択肢が多岐にわたり、内容が複雑になる為、当院での治療例の写真やレントゲン、図や動画などを用いてカウンセリングを行い、費用や手順、期間についてご提示させていただいております。

こういった治療を希望される方の治療計画については院長自らが主にカウンセリングを行っております。他の方の診療を入れずにお話だけの時間をとる為、医院にとってはカウンセリング専門の人材(例えばトリートメントプランナー)に任せた方が効率的なのですが、実際に治療の経験があり、その治療を行う人間が説明すべきであると考えておりますので、当院ではトリートメントプランナーではなく、歯科医師である院長がカウンセリングをしております。
もちろん、ドクターには伝えづらい事もあるでしょうし、その部分のケアはスタッフが行っております。

このようなシステムを取っているのは、自らの経験に基づいています。開業前に勤めていた医院において最初は知識だけで未経験の治療のカウンセリングを上の先生に代わってしていました。その時は説明している自分でさえ、細かな部分がイメージできませんでした。しかし、実際に治療を行い、経験が増えると細かな部分まで明確なイメージを描いた上で患者さんにお話ができる様になりました。当然お話する事のリアルさが違いますし、ご質問にも的確に答える事が出来ます。

また、当院で考える治療計画は基本的に、左右上下でしっかり咬めて、出来るだけメインテナンスしやすく、長期に安定しやすい計画です。右はしっかり咬めるけど左は問題を残したまま治療の見込みが立たないなんて計画ではせっかく治療した所まで悪くなります。(当然の事の様に思えるかもしれませんが、現実にはよくある事です。)

例えば、左右の歯が無くて、左右ともインプラントにする程費用がかけられない場合、右はインプラント、左は義歯でなんて計画を立てるくらいなら、(左右どちらも将来的にインプラントができる見通しが立った上でこういった状況が生じる場合はありますが、)左右とも義歯の方が予後は良いかもしれません。

なぜなら、歯茎で咬む力を受ける義歯よりも顎の骨で受けるインプラントの方が咬める為、そのうち義歯を使わずに、右のインプラントだけを使って食事をする様になってしまい、左右均等に咬む場合よりも単純に2倍の力がインプラントにかかってしまう事が容易に想像できるからです。
最初は良くても、片方で咬んでいる状態では必ずトラブルが生じますし、そうなった場合、一気に咬める部分が無くなります。

もちろん、患者さんの要望や事情は最大限考慮いたします。ですが、医療である以上、患者さんにはわからないからといって、後々責任がもてなくなるような計画はいくら自費診療でもお断りすべきと考えております。

長文になりましたが、昨今情報があふれる中で、信頼できる歯医者を見つけるのはなかなか難しいかもしれません。院長の経歴を見ても、腕前を反映する経歴なのか、ただの活動履歴なのかは一般の方には区別がつかないでしょう。歯科治療を突き詰めれば、①咬む力を安定して支える事ができるか、②細菌を寄せつけにくく、磨きやすいかの2点です。これが整った上で③見た目の美しさを備える事です。歯並びを整えても咬みにくかったり、見た目が奇麗でも見えないところに細菌が繁殖していて歯茎が定期的に腫れるなんて状態(最新機器のレーザーで焼いてもダメです。)では治療とは言えないのでは無いでしょうか?
ぜひ治療についてカウンセリングを受ける中で、③や受け入れやすさばかりに気を取られずに、①と②についてしっかり確認してみてください。少なくとも、①と②をしっかり考えられるのがプロの歯科医師だと思いますよ。

南部歯科医院
TEL075-202-4028

当院の治療実例はこちら

一般歯科・予防歯科