新型コロナウイルスに関して当院の取り組みとお願い

新着情報

当院ではインプラント治療などの外科治療も扱う事から、開業当初より感染対策に通常よりも力を入れております。

(詳しくは医院情報→衛生管理→「当院の衛生管理について」をご参照下さい。

http://www.nambu-dental-clinic.jp/information/#hygieneSec

当院のコロナウイルス感染拡大防止に対する現在の取り組みについてですが、

医院の換気を頻繁に行っております(今までの空気清浄機に加え、Airdogを導入しました→https://airdogjapan.com

②待合室での患者さん同士の接触を減らす事がコロナウイルス感染拡大防止対策として提案されておりますが、元々予約通りにお越しになれる患者さんと当日予約の患者さんとの枠を設け、オーバーブッキングを一切せず、予約患者さんをできるだけお待たせしない様なアポイントシステムの工夫をしていますし、さらに現在は診療枠の間隔やチェアの間隔を開け、患者さん同士の距離を離して対応しております。

チェアや待合の椅子等(現在は患者さんの出入り毎に消毒を行なっております。)やドアノブなどの消毒に関しても、開業当初より、イソラピッド®にて消毒をしています。(医療機器、ユニット等の表面を1分間で除菌が行えます。ドイツ衛生微生物学協会認証製品)

効能:B型肝炎ウイルス(30秒)、C型肝炎ウイルス(30秒)HIVウイルス(30秒)、結核菌(1分)、インフルエンザAウィルス(15秒)、ヘルペス(15秒)、ロタウィルス(15秒)アデノウイルス(1分)、一般細菌(1分)、コロナウィルス(30秒)、MRSA(1分)、SARS(30秒)

スタッフの健康、行動管理の厳格化と通常時のマスクやグローブ、ゴーグルに加え、キャップとフェイスシールドの着用をしております。

ての患者さんへの体調の確認と検温、治療前の手指消毒と薬液での含嗽のお願いを行なっております。

患者さんの口元近くでの口腔外バキュームの使用、(歯や詰め物、入れ歯などを削った時に出るエアロゾルを吸引して診療室内の空気の汚染を防止する機械で、開業当初より使用しております。)

一時的に雑誌やリーフレットなどの撤去をしております。

子供の患者さんも来院されますが、元々キッズルームなどの遊具は感染予防の観点から設置しておりません。

 

ですが、当院に受診予定の患者さんで、発熱やのどの痛み、せき、息切れ、強いだるさ(倦怠感)

などの症状がある方は受診前に当院までご連絡ください。

また、上記の症状のある方で、

新型コロナウイルスの感染が疑われる方は、直接受診する前に、

必ず最寄りの帰国者・接触者相談センターもしくは医療機関に電話で相談し、指示を受けていただきますよう、よろしくお願いいたします。

 

 

こんな方はご注意ください

次の症状がある方は「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。

○風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている

(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)

○強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

※高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合

 

「帰国者・接触者相談センター」はすべての都道府県で設置しています。

詳しくは以下のURLからご覧いただけます。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html

 

【一般的なお問い合わせなどはこちら】

その他、ご自身の症状に不安がある場合など、一般的なお問い合わせについては、次の窓口にご相談ください。

 

厚生労働省相談窓口 電話番号 0120-565653(フリーダイヤル)

            受付時間 9:00~21:00(土日・祝日も実施)

聴覚に障害のある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方

            FAX 03-3595-2756

 

新着情報